スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Ankle Supporter

今日は練習はお休み。一週間経ったが左膝下と左手首がまだ痛い。年齢的に怪我につながりそうなトリックについては、考えたほうが良いかもしれない。ただ滑って曲がってだけでも楽しいからね。

今朝は末っ子と大磯海岸と湘南平へ遊びに出た。海岸へは車で15〜20分あれば行けてしまう。午前中はよく晴れていたので、心地良い風とあいまって気持ち良い日光浴ができた。まだ海水浴シーズン前とあって人はまばら。海釣りやカイトで遊ぶ人たちや、「007危機一髪」で出た一人乗りヘリコプターのような乗り物で遊ぶ人がいて、それぞれ思い思いの休日を過ごしていた。



ん〜、右足首が痛い。これは10年前の古傷。落下事故で右足首を複雑骨折し、社会復帰に11ヶ月かかったが、完全には元に戻らなかった。でも歩けたり走れるようになっただけでも感謝しないといけない大事故だったから文句は言えまい。これを機に登山はきっぱり辞めた。今でも長時間歩いたり、立っていたりすると、足首が曲がらなくなり、翌日はびっこを引いてしまう。あと冬が駄目だね。と言うことで、先日地元商店街のスポーツ店で新たに購入したサポーターを巻いた。買うときに履いて試したこともあってなかなか具合が良い。これがあるとないとでは足首に対する負担が全然違う。夏は調子が良いので、まだしばらくは外出するときは付けっぱなしにしておこう。もちろん、ボードに乗るときは必須だけどね。

Marking on safety gear

勉強の息抜きに1時間ほど長男と次男を連れて練習に出た。車が来ないことを見計らって、陸橋の下りをガーツと滑って爽快。広場に着いたら早速チックタックやターンを練習。長男も次第に興味を持ってきたようだ。彼は小回り系(ターンやチックタック)がうまい。わしのほうは180度ターン練習で失敗して宙を空転し、左ひざ下をモロ痛打!しばらく起き上がれなかったよ、イタタ・・・。ちゃんとプロテクターすれば良かったが、もう後の祭り。



プロテクターは両リスト、両膝、両肘用とあり、どれがどれだかつい迷ってしまう。そこで識別しやすいようにガンプラ用マーカーでマーキングすることにした。こういうお絵かき的なことは、子供たちの目が輝いちゃってますね。

追記: あとでかなり腫れてきました。骨は大丈夫のようですが、これは膝下の広範囲にわたる打撲っぽいです。商売道具の足が・・・(泣)。

竜神峡

GWは茨城県北部の竜神湖の「竜神峡鯉のぼりまつり」へ行ってきた。混雑を予想したが、上の無料駐車場までスンナリと来れた。約1000匹の鯉のぼりが圧巻。心地よい風のなかで、新緑の峡谷をたおやかに泳いでおりました。



ダム湖である竜神湖に架けられた長さ375mの竜神大吊橋は、歩行者用吊橋としては日本第2位の長さの375mを誇る。橋の床面が強化ガラスの箇所があり、足下を覗けば湖面からの高さ約100mのスリルを味わうことが出来る。

「この橋を端から端まで滑りたい・・・」、なんてふと思っちゃいましたね。もちろん、とてもそんなことはできませんので、カミさんの実家の龍ヶ崎に戻ってから、近所の駐車場のガラガラ・スペースで親戚の子供達と一緒に汗かきました。ボードは車のトランクに入れてもそれ程スペースとらないので、ちょっとしたおでかけのときの息抜きに好都合ですね。

指スケ

 

「小さくても本格的!」な指スケを3個購入(@800円)。専用ツール(写真の黄色い棒状の)を使えばウィールの交換やトラックの取り外しが可能。スケボーに興味がない長男まで「欲しい!欲しい」と大騒ぎ。男の子心くすぐるアイテムですね。


Safety Gear



手の平のアザが多少深刻になったこともあり、プロテクションを購入しようと厚木ミロード「ムラサキ」へ。T担当のお薦めのキッズ用と大人用(Mサイズ)を購入。これがないと行けないパークがあるみたいだしね。



スケボー用に主に使う靴も購入。Kのは近所「ESPOT」で。決めては色。彼のマイカラーはここ最近は青。わしのは湘南OSC「Right-on」で購入。ちょっとルーズに履きたいのでサイズは大きめで。
 

立て!ジョー



今日は祭りの後、いつもの広場で練習。Kは近所のY兄貴に教わったチックタックの練習に入った途端、「ステン!」、「痛たたた・・・」とうずくまりエンエン泣き始めてしまった。

祭りで随分練り歩いたため、結構足にきていたからね。ひとしきり泣き止むと練習再開。プッシュとカーブの練習に専念した。やはりこれ以上の技は、本片手の独学では難しいかな。今度、海老名のX-Domeに二人で行こうと思う。

しばらくしたら、近所の子供達が一輪車やボール投げをし始めたので、わしらは退散。ちょうど、わしも祭りの手伝いのご褒美にもらったビールの酔いが回りはじめたから、やめるのに丁度良かった。次の練習は来週末だな。

スケボー事始



末っ子のKがこの4月に小学校に入学することになり、以前から約束していた自転車を買ってあげようと声をかけたところ、「俺、自転車もういいわ。代わりにスケートボードが欲しい」と。唖然・・・。どうもバンクバーオリンピックのスノボー競技と防災の丘公園にあるスケボーパークを見て触発されてしまったようだ。

「おい、お父さんの給料知ってるか」、「知ってるよ」、「スケボーと自転車はいっぺんに買えないぞ」、「だから、今はスケボーだけで良いよ。もっと稼いだら自転車も買ってくれ」。んー、まぁ、いいか。

ということで、スケボーがどこで買えるのかいろいろ調べたところ、隣町の駅前のミロードに「ムラサキスポーツ」があって、そこに売っているとのこと。早速、Kと一緒にミロードへ。

ムラサキの店員でスケボー担当のTさんが応対してくれた。Kの身長は118cmなので、キッズ・ボードが良いでしょうとのことで、2枚の板の候補のなかからKは赤いのをチョイス。パーツは好みのものから組み上げるとのことで、好みをヒアリングされ目の前で組み上げていく。ところで値段は・・・と聞いたところ、かなり予算オーバー。

「やばいな。一ヵ月後に難しいからやっぱ辞めたと言われたら、高価な漬物押さえの板になりかねない・・・」と内心心配になり、「Kよ。結構高いよな。お父さんの給料知ってるか」、「知ってるよ」、「スケボー、かなり高いと思わないか?」、「確かにそうだね・・・」、「ならすぐやめたら悲しいよな。なんか約束してくれないか」。しばらくKは考えた後、「お父さん、俺、どんなことあっても20年スケボー続けるよ」、「え!? そうか。じゃあ、お父さんも20年Kにつきあうからな」と思わず口にでてしまった。すかさず店員Tさんが「じゃあ、お父さんもつくりますか?」、「は、はい」とのことで、結局スケボー2枚お買い上げ。チン!

「失礼ですがお父さん、ご年齢は?」、「45になります」、「40代からスケボーやられる方は非常に珍しいです。どうか気をつけてくださいね」。Tさんちょっと心配になったのか、バックオフィスの従業員通路にわしらを連れて行き、「基本のキをちょっと教えますね」とボードへの乗り方を教授。よーしと、二人で買ったばかりのスケボーに乗った途端、「ステン」、「ズデン」と二人とも同時にひっくり返り、天を仰いでしまった。一方、二人のスケボーは競争してるがごとく、ぴゅーっと廊下の先にすっとんで行く・・・。二人とも呆然と顔を見合わせて、「こりゃあ、思った以上に難しいぞ」、「そうだね。明日から練習しよう」、「そうだな、やばいな・・・・。Kより俺が先に断念したら、しゃれにもならんぞ」 

・・・・・・・・・ ということで、週末は二人で練習することになり、2週目にしてようやくプッシュをマスターできたかな・・・というのが今のレベルです。

しかし、スケボー、ただ滑るだけでこんなにも楽しく、体力を使うとは思ってみませんでした。練習が終わると汗だくです。もちろんまだアザだらけですが、ははは。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:17 最後に更新した日:2011/03/16

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM