スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

スケボー事始



末っ子のKがこの4月に小学校に入学することになり、以前から約束していた自転車を買ってあげようと声をかけたところ、「俺、自転車もういいわ。代わりにスケートボードが欲しい」と。唖然・・・。どうもバンクバーオリンピックのスノボー競技と防災の丘公園にあるスケボーパークを見て触発されてしまったようだ。

「おい、お父さんの給料知ってるか」、「知ってるよ」、「スケボーと自転車はいっぺんに買えないぞ」、「だから、今はスケボーだけで良いよ。もっと稼いだら自転車も買ってくれ」。んー、まぁ、いいか。

ということで、スケボーがどこで買えるのかいろいろ調べたところ、隣町の駅前のミロードに「ムラサキスポーツ」があって、そこに売っているとのこと。早速、Kと一緒にミロードへ。

ムラサキの店員でスケボー担当のTさんが応対してくれた。Kの身長は118cmなので、キッズ・ボードが良いでしょうとのことで、2枚の板の候補のなかからKは赤いのをチョイス。パーツは好みのものから組み上げるとのことで、好みをヒアリングされ目の前で組み上げていく。ところで値段は・・・と聞いたところ、かなり予算オーバー。

「やばいな。一ヵ月後に難しいからやっぱ辞めたと言われたら、高価な漬物押さえの板になりかねない・・・」と内心心配になり、「Kよ。結構高いよな。お父さんの給料知ってるか」、「知ってるよ」、「スケボー、かなり高いと思わないか?」、「確かにそうだね・・・」、「ならすぐやめたら悲しいよな。なんか約束してくれないか」。しばらくKは考えた後、「お父さん、俺、どんなことあっても20年スケボー続けるよ」、「え!? そうか。じゃあ、お父さんも20年Kにつきあうからな」と思わず口にでてしまった。すかさず店員Tさんが「じゃあ、お父さんもつくりますか?」、「は、はい」とのことで、結局スケボー2枚お買い上げ。チン!

「失礼ですがお父さん、ご年齢は?」、「45になります」、「40代からスケボーやられる方は非常に珍しいです。どうか気をつけてくださいね」。Tさんちょっと心配になったのか、バックオフィスの従業員通路にわしらを連れて行き、「基本のキをちょっと教えますね」とボードへの乗り方を教授。よーしと、二人で買ったばかりのスケボーに乗った途端、「ステン」、「ズデン」と二人とも同時にひっくり返り、天を仰いでしまった。一方、二人のスケボーは競争してるがごとく、ぴゅーっと廊下の先にすっとんで行く・・・。二人とも呆然と顔を見合わせて、「こりゃあ、思った以上に難しいぞ」、「そうだね。明日から練習しよう」、「そうだな、やばいな・・・・。Kより俺が先に断念したら、しゃれにもならんぞ」 

・・・・・・・・・ ということで、週末は二人で練習することになり、2週目にしてようやくプッシュをマスターできたかな・・・というのが今のレベルです。

しかし、スケボー、ただ滑るだけでこんなにも楽しく、体力を使うとは思ってみませんでした。練習が終わると汗だくです。もちろんまだアザだらけですが、ははは。

1

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:17 最後に更新した日:2011/03/16

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM